家の防犯と鍵について考えてみた

今まで防犯のことについてそれほど真剣に考えたことがなく、また取られて困るようなものもそこまであるわけではありませんでしたから戸締まりを一応するという程度にしか考えてはいませんでした。
ところが、近所に空き巣が入ったという話を聞いてからは物騒だと感じるようになり、やはり少しは防犯意識を持ったほうが良いのではないかと思うようになったのです。

それまでは一応戸締まりはしていましたが、徹底していたとは言いづらく玄関の鍵はかかっていても、窓の戸締まりはされていなかったりなどいい加減だったりしたのですが、空き巣事件があってからは防犯意識を高め窓の戸締まりもしっかりとするようにしました。
しかし、防犯意識が高まることによって今まで不十分だった防犯のことがよく見えるようになってきたことから、玄関のドアの鍵をより安全なものに変えることにしたのです。
防犯はどこまでやってもきりがないのでしょうが、今までが全く何もしてこないに等しい状況だったため、せめて鍵ぐらいは交換しておこうと思って交換することにしたのですが、鍵を防犯効果の高いものに変えた結果気持ち的にも大分余裕を持つことができたので、交換をしてよかったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です