デジタル式の鍵

防犯のためには、家の戸締りはワンドアツーロックがよいとはいわれますが、なかなかそうはいかないのが現実です。料金や手間がかかるのもありますが、いちばん面倒なのは、鍵を2つ持ち歩かなくてはいけないこと。

もし、どちらかひとつでも失くしてしまえば、自分が家から閉め出されてしまうのです。けれど、鍵が要らない錠があったとしたらどうでしょうか。

デジタルロックは暗証番号で開錠する錠前です。
鍵穴自体が存在しないので、鍵を持ち歩く必要はなく、ピッキング被害には会いようがありません。暗証番号は自分自身で自由に変えることができるというのも、防犯上とても重要な点です。大切な家を守る第二の錠として、デジタルロックはとても有効なのです。

もちろん玄関ドアに取り付けるのがいいのですが、そのほかに今まで鍵が取り付けることができなかった場所でも、デジタルロックは設置できることがあります。
電源配線は不要なので、今まで防犯上心配だった場所に取り付けてみるのもいいですね。ただ、いちばんの弱点は、暗証番号を忘れてしまうとどうにもできないことです。
鍵屋さんに依頼しても開錠の方法はデジタルロックを破壊することだけ。
しかしこれはデジタルロックが、いかに防犯上優れているかということでもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です