鍵のお手入れは重要です

家の玄関ドアの鍵のお手入れをしたことはありますか。
なんだか最近、玄関のドアの鍵穴に差した鍵が良く回らなくなってきたと思ったら、どうぞオイルを差してください。
特に最近の高性能な鍵は、オイル切れに弱いのです。
オイルは100円ショップでも手に入る、ミシンオイルや自転車オイルのようなコストパフォーマンスの良い、安価なものではいけません。
鍵専用のオイルというものが販売されており、こちらを使用しないと後々鍵つまりや回りが悪いというようなトラブルを引き起こしてしまいます。ですので鍵穴にオイルをさすときはキチンと鍵用のものか確認して使用するようにしてください。

使用するときは、鍵穴にオイルを差した時に流れてドア表面に付着し、染みや汚れになる恐れがありますので、出来れば少し高価な細いノズル付きを用意すると良いでしょう。
そして細いノズルを鍵穴などに差し込んで、オイルを差し、馴染むのを待ちます。
すると新品の時のように、滑らかに鍵が回るようになります。まるで新しく鍵を交換した時のような滑らかさを取り戻すと思います。

ドアの鍵だけではなく、窓のツマミ状になった鍵が固くなって回らなくなった場合も、このオイルは使えます。
鍵の周辺に噴霧して、しばらく時間を置いてから、汚れても良いボロ布などでツマミを拭きながら回すのです。
まだ固めだと思ったら、同じことを繰り返してみてください。
段々と動きにくくなっていた鍵や、全く動かなくなっていた鍵が、驚くほど滑らかに回るようになることでしょう。
そのように、鍵はオイルを差してお手入れすることをお勧めします。